国籍要件や年齢要件について復習しましょう!~【わかる!優しい!年金講座コラムーPART③】


みなさん、暑い日が続きますね。
水分をしっかり摂って、バテずにこの猛暑を乗り切りましょう!

 

さて前回は、年金の被保険者の種別についてお話しさせていただきました。
下記表にまとめましたので、復習も兼ねて再度ご覧ください。

種別 国籍 国内居住要件 年齢 老齢年金等の受給権者 備考
第1号被保険者 不問 必要 20歳以上60歳未満 適用除外 個人事業主等
第2号被保険者 不要 不問 65歳以上は適用されない 会社員・公務員

 

第3号被保険者 不要 20歳以上60歳未満 除外されない 第2号被保険者の配偶者

この表について、再度詳しく説明していきますね。

 

■国籍要件
 まず全てに置いて共通する“国籍”要件ですが、“不問”となっております。これは、国籍を持っていなくても(日本国籍ではなくても)、国民年金には加入できるということです。

但し、隣の国内居住要件の欄をご覧ください。
第1号は必要。第2・第3は不要となっております。
すなわち、個人事業主等、国内で商売やったりするのには、日本の住居が必要だということです。

不法就労者は当然に除外となります!!

 

第2号は会社員・公務員などの厚生年金の被保険者です。海外赴任などで国内に住居を持たなくても、厚生年金に加入する=国民年金にも強制加入ということです。
(これも介護保険等の例外はあるのですが、細かすぎるため、説明は後回しにさせてください! まずはざっくり!)

 

第3号は上記第2号の被扶養配偶者(男女関係なし)でしたね。

例えば第2号の配偶者が海外に住んでいたり、外国の住所を有している場合でも、第2号の被扶養配偶者である間は当然に加入者となります。

第2号の被扶養配偶者であること!! ここがポイントです。

 

 ■年齢要件
 続きまして年齢要件について見ていきましょう。

第1号20歳以上60歳未満となっております。

20歳になっても学生だから加入出来ないよ~~……という学生さんや諸々の事情で年金を支払えない方々のためには“特例制度”という、便利なのになかなか知られていない(笑)制度がありますので、これについてはまた後日説明させていただきます (^^♪

 

第2号:文字通り年齢は関係ありません。

中学卒業後に就職=厚生年金の被保険者 というパターンもありますから。
但し、備考にもありますように65歳に達した時点で“老齢年金等の年金の受給権利”を持っていれば、その時点で被保険者ではなくなります。
年金貰えるのに被保険者っておかしいでしょ? ということです(笑)

 

第3号20歳以上60歳未満となっております。

これには例外はありませんね!!
第2号の被扶養者として、第3号でいられるのは20歳~60歳の誕生日前までです。
(専門的にいうと60歳の誕生日の前日が属する月の前月まで)←ややこしいから覚えなくても良い  (^^;

 

■老齢給付等の受給権が発生した場合
原則として、自分の権利で老齢年金等の年金の受給権が発生した場合は適用除外となりますが、第3号だけは60歳未満で受給権を得たとしたも除外されません。。

 

本当にややこしいですね!! 年金制度…… (^^;
じっくりと読んで腑に落としてくださいね。。

 

次回は、皆さんが最も関心があるであろう?? 保険料と年金額のお話を予定しております。

お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です