心の病で苦しんで仕事を辞めようと考えてる方へ


私が過去に受けた労働相談において

「不眠だ。」

「朝、倦怠感がひどく日中は耳鳴りがする。」

「もう生きていることすら面倒になった。」

などをおっしゃる方が何人かいらっしゃいます。またそのような方は仕事を辞めたいともおっしゃります。
でも急いで仕事を辞めてはいけません。

まずは休みましょう。

そのためには病院で医師の診断書をもらって下さい。不眠や倦怠感、希死念慮などの症状が現れているのならば、休養を要する旨記載された診断書を発行してくれるはずです。(使用者には労働者から良質な労働力の提供を受けるための措置として、労働契約法5条において安全配慮義務が定められています。会社がこの安全配慮義務を履行せずに辞めたいほど精神的に追い込んでいるのでしたら、医師が診断書作成を躊躇っても労働契約法を根拠に休養したい旨を伝えて下さい。)
また、診断書を提出して休職を申し出た労働者に対し、事業主は労働安全衛生法に拠り、何らかの措置を講じなければなりません。診断書を無視すれば事業主は先ほど述べた労働契約法5条に定める安全配慮義務を履行していないことになります。

そして病気休暇が認められた時点で急ぎ傷病手当金の申請をおこなって下さい。
勤務先が協会けんぽや健保組合に加入しており、ご自身が被保険者(任意継続を除く)であれば、原則傷病手当金は受給できます。
これで万が一退職しても生活資金の枯渇は免れるのです。

余談ですが、ご自身が時間外労働を80時間以上おこなったりハラスメントを受け、精神疾患に罹患した場合は、労災の対象になる可能性があります。
思いあたる方は、当会や労災に詳しい社労士や弁護士にご相談下さい。

とにかく、仕事がつらくて辞めたい、また最悪死にたいなどとお考えの方はまずは休んで下さい。休んで支援団体や専門家に相談して下さい。
辞めるのではなく、休むところから始めましょう。

(2014年6月11日 A.M)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です