「同一価値労働・同一賃金」って何?


「同一価値労働・同一賃金」って何?

賃金の支払い方について定めた原則です。賃金について考えると当然、同じような仕事をしているのなら同じような賃金をもらっていて当たり前と思ったことはあるでしょうか?

しかし、統計で男女の性別で大きく賃金格差があることや、そもそもパートや派遣労働、有期雇用社員などで賃金体系自体が正規社員と異なっていることから非正規労働者の方が賃金が低かったりすることがあります。

かつては男性の賃金体系よりも女性の賃金体系自体が低いということもありました。とりわけ現代では男女の賃金差別は厳しく禁止されています。それは、ILO(国際労働機関)100号条約で「同一価値労働・同一賃金」の原則がうちだされ、日本では1967年に批准することによって定められました。

「同一価値労働・同一賃金」は、賃金差別を認めず、同一の価値の労働に対しては、性別による区別を行うことなく、同等の賃金を与えなければならないと決めた原則です。

「同一価値労働」とはなんでしょうか?それは労働の質を客観的な評価基準をもとに職務を評価することという説明があります。たとえば、①知識・技能、②精神的・肉体的負担、③責任、④労働条件などが評価対象とされ、この評価が同一の水準ならば男女の区別なしに同じ賃金を使用者は支払わなければなりません。

しかし、批准したのはいいですが、日本政府の取り組みが遅れているとして、2008年にILO条約勧告適用委員会から「男女が行う職務または労働を、技能、努力、責任、あるいは労働条件といった客観的要素に基づいて比較すること」と労働基準法の改定するように勧告されています。(2015年3月26日 稲垣 真司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です