グレーゾーンのハラスメントにも対応しています


「やっぱり女性の淹れてくれたお茶は美味しいな」
女性が感じるこのセクハラ発言の不快感を、男女共に自らの言葉で説明できるでしょうか。

セクハラの多くはグレーゾーンと呼ばれるカテゴリーに位置しています。
男性はハラッサーとしての自覚のないまま、ある日突然、調査委員会から呼び出しをくう…という事例も少なくありません。

「働く人のセーフティネット」では、セクハラをはじめ、パワハラマタハラ等、ハラスメントトラブルの相談、支援を行っています。
グレーゾーンの内容にも積極的に耳を傾け、また男女双方の理解を促進し、すべての人が尊厳を保ち働き続けられるようサポートしています。

職場でストレスを抱えている方は、ぜひお気軽に「働く人のセーフティネット」にご相談ください。

 

 

アルハラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です