平成28年10月1日施行が迫っている短時間労働者への社会保険適用拡大


働く人のセーフティネットでは、社会保険(健康保険・年金など)の相談にも力を入れています。ぜひお気軽にお問い合わせください。
※※平成28年10月1日施行が迫っている短時間労働者への社会保険適用拡大※※

いよいよ社会保険の被保険者501人以上の企業において社会保険(厚生年金保険・健康保険)の適用が短時間労働者にも拡大されることになりました。短時間労働者の数は25万人ともいいます。この拡大につき、社会保険の加入対象となる短時間労働者とは、「通常の労働者及びこれに準ずる者の総数が常時500人を超える」事業所に使用されている者となります。この適用対象となる事業所を「特定適用事業所」といいます。

社会保険は強制加入ですので、臨時に使用されている者を除き、国籍・性別及び本人の希望の有無にかかわらず、社会保険の被保険者にならなければいけないことになります。

ご自身が対象かどうかなど、社会保険料はどれくらい支払うのか、どういうメリットがあるのかなど、ボランティア無料相談を承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です