「トライアル雇用奨励金の対象に育児ブランクのある女性も含まれました」


「トライアル雇用奨励金の対象に育児ブランクのある女性も含まれました」

今年の3月1日から、トライアル雇用奨励金の対象に育児ブランクのある女性も含まれました。
私は、今まで何人かの女性上司に仕えてきましたが、統べからく有能な方々でした。
国家公務員でしたので、育児休業制度も整っており、ブランク明けでも出産前のように職務に戻れる土壌が、有能な女性上司を多く抱えるファクターとなっていたのだと思います。
しかしながら、多くの中小企業は育児休業を与える余裕がなく、残念ながら出産を控えた有能な女性が離職を余儀なくされているのが現状です。
こうした育児ブランクがあっても中小企業において戦力としてなり得る女性は数多存在しています。
戦力となる女性をトライアル雇用奨励金を利用して採用してみてはどうでしょうか?
トライアル期間は原則3ヶ月なので、戦力となるかを見極めるには期間が短いと思われる経営者も多いと思います。しかし、働く人のセーフティネットには、某外資系企業で29年間人事に携わり、人財を見抜く目が養われているメンバーがいます。
もし、この記事をご覧の方でトライアル雇用奨励金を利用し、育児ブランクのある女性を雇用してみたいと思われている経営者の方がいらしたら、ぜひ働く人のセーフティネットにご相談下さい。
人財発掘のお力になりたいと思います。
また、トライアル雇用奨励金を受給するには条件がありますから、その条件についても相談して下されば幸いです。
育児ブランクのある女性を積極的に採用し、事業を発展させていきましょう。(2014年3月26日 A.M)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です